日本には四季があります。
その為、四季折々の旬の食べ物が多く存在します。
その中でも、秋が旬の美味しい果物といえば…柿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
柿は美味しいだけではなく様々な果物と比べても含まれている栄養素がとても豊富で、子どもから高齢者まで幅広く食べられている果物の1つです。

柿には大きくわけて2種類の物が存在します。
甘柿と渋柿です。
甘柿とは、私達が普段生で食べている甘くて美味しい柿のことを指します。
甘柿は熟すと渋みが抜けるため、あのような甘い味になります。
しかし、渋柿は名前の通り渋い味の物で、甘柿と違い熟しても渋みが残ってしまいます。
その為、渋すぎてなかなか普通に生で食べることはできません。

しかし、その渋柿が甘くて美味しく食べれる方法があります。
その方法というのが、干し柿なんです。
渋柿は乾燥させることによって、渋抜きされるためとても甘く美味しく食べることが出来るようになります。

その干し柿の中でも、日本の中で有名な品種があります。それは市田柿で作られた干し柿です。
市田柿は、長野県の下伊郡高森町の市田地域で作られている渋柿で、地域ブランドとしても登録されている柿です。
市田柿が作られている環境は凄く良い自然状況だと言われています。
その為、市田柿で作った干し柿は、他の干し柿よりも柔らかく上品で美味しいため、高級和菓子とされており、お歳暮などの贈り物の際の品物として選ばれることも多いようです。

イチ押しリンク

市田柿、もうあなたは食べてみましたか?食べてないあなたはぜひ!;かぶちゃん農園